切らない包茎治療

切らなくてもできる包茎治療がありました。

包茎を治すには、ほとんどの人が包茎手術を、、、つまり切らなくちゃいけないと思っていますよね。

 

けど、手術をするのって、やっぱり大変です。身体にメスを入れるわけですからね。

 

切らない包茎治療

 

麻酔をするので手術そのものはほとんど痛みがないだろうけど、やっぱり麻酔が切れたら、痛みもあるでしょうし。。。

 

それに、手術後は、2週間位、性行為もできないし、お風呂にも入れないとかいろいろと制約があるんですよね。

 

あと包茎手術は、切るわけですから傷跡も気になるところです。今は、包茎手術の技術が進歩しているので、傷跡も目立たないといわれてますけど、やっぱり切ることに変わりはないわけで、少なからずは傷跡って残ると思います。

 

僕は学生時代からずっと包茎で悩んでいました。なので、修学旅行や温泉など、大勢の人の前で裸になるのが、本当に嫌でした。常に自分が包茎ということにでコンプレックスを感じていましたから。

 

そのため、女性に対して、どうしても積極的になれなくて、彼女ができてもいつの間にか関係が終わってしまっていました。

 

で、社会人になって、結婚とか将来的なことを考えるようになり、同時に長年のコンプレックスを解消したくて、とうとう包茎手術を受けることにしたんです。

 

それで包茎手術をするのにどこのクリニックがいいのかって、いろいろと調べていくうちに、切らなくても包茎治療ができるってことを知ったんです。

 

とはいえ、切らない包茎治療をするには、ある程度の条件があって、真性包茎やカントン包茎の場合は、やはり包茎手術が必要みたいです。

 

僕の場合は、仮性包茎だったということもあり、切らない包茎治療を選ぶことができたんです。

 

切らないで済むので、痛みもないし、短時間で終わるし、その日からお風呂にも入れるし、性行為もできるとなにかとメリットが多いと思いました。

 

切らなくても包茎を克服できるのなら、やっぱり切らずに済ませたいですからね。

 

そんなわけで、切らない包茎治療ができるおすすめのクリニックを紹介します。

 

僕と同じように仮性包茎の方は、必ずしも切らなくちゃいけないということはないし、より簡単にできる切らない包茎治療はいいと思いますよ。

 

東京ノーストクリニック




切らない包茎治療でまずお勧めなのが、東京ノーストクリニックです。20年以上の実績と技術力の高さで定評があります。東京ノーストクリニックの切らない包茎治療は、二重まぶたを形成する技法を応用したもので、費用も30,000円とリーズナブルです。全国にクリニックがあるのも便利ですよ。

>>東京ノーストクリニックの公式サイトはこちら

 

本田ヒルズタワークリニック




本田ヒルズタワークリニックでは、真性包茎、カントン包茎以外の包茎は、極力切らない治療を優先しています。そのため、納得のいく包茎治療が受けられるんです。切らない手術は注射針の穴程度の傷なので、傷跡を心配する必要もありません。公式サイトには、実際の包茎治療の写真が多く掲載されているので、非常に参考になると思います。

 

>>本田ヒルズタワークリニックの公式サイトはこちら

 

東京スカイクリニック




東京スカイクリニックでは、スカイメソッドという切らない包茎治療によって、その日から入浴などができる方法を採用しています。スカイメソッドによる治療が可能かどうかは、無料カウンセリングで相談できますよ。東京スカイクリニックは、医療法人としての認可を得ており、すべて熟練の形成外科医の手による包茎手術を行っています。痛み止めや抗生剤などは、無料での処方してくれます。術後のケアには、万全な体制をとっています。診療費には薬代などすべて含まれているので安心して治療が受けられますよ。

 

>>東京スカイクリニックの公式サイトはこちら

 

 

 

真剣に悩んでいた高校時代

 

そもそも自分が包茎じゃないかって思い始めたのは、高校に入ってすぐのことでした。たまたま、友達と3人で、スーパー銭湯にいったのですが、それまでは、僕は自分のペニス以外に大人のペニスといえば、小学生くらいのころに父親とお風呂に入ったときに父親のを見たくらいでした。中学に入ってからは、父ともお風呂は別に入っていたし、家族も父親以外は、母と姉がいるだけだったので。。。

 

切らない包茎治療

 

なので、先端が皮をかぶったままのペニスについて、なんの疑問ももっていませんでした。もっと大人になれば、多分に自然と亀頭が露出してくるんだろうと漠然と思っていましたから。それに、たしかに勃起時も亀頭は完全には露出していなかったんですけど、自力でどうにか皮を向くことはできていたので、、、。

 

他人とくらべたこともなかったし、包茎についてもきちんとした知識がありませんでしたから。

 

 

けど、そのときは、違いました。友達2人は、完全に亀頭が露出していたんです。友人は、僕のペニスをみて、小馬鹿にしたように笑いながら、「それって包茎じゃん」っていったんです。

 

そのときのショックがずっと尾を引いて、僕は自分のペニスに自信を持てなくなっていったんです。このままじゃ、ずっと包茎のままだ、なんとかしなくてはってずっと思っていたんです。

 

なので、クリニックで治療してもらい、包茎を克服出来た時は、最高にうれしかったんです。